美容室じゃなくて、美容師さんを選ぶってことだと思うんですよね。

こんにちはー

 

原宿・表参道美容師のあみここと田中亜彌あみです♪♪

 

 

今日は久しぶりに思うことでも書いてみます。

 

 

どれだけいるか知ってますか??

 

日本人の人口って、

平成29年11月時点で1億2672万人なんですって。

今調べて知ったんですが……笑笑

 

その中で美容師さんの人数って、

約50万人。

実際現役美容師さんはもっと少ないのかな。

 

美容室の数は約24万件。

 

コンビニや信号機の数より多いんだそうです。

 

 

今働いている千葉県の浦安ですら、

ちょっと歩けば数軒おきに美容室があります。

 

都内の原宿とか表参道エリアなんかは激戦区ですよね。

もっと美容室が集中しているでしょう。

 

 

ありすぎて選べない…??

 

 

これだけ美容室が多いとなかなか選ぶのが大変ですよね。

 

ワタクシは優柔不断な性格なので、

コンビニに入っていろんなおかずが並んでいる中ですら

どれにしようか悩みすぎてしばらくウロウロします…笑笑

 

いっぱいありすぎると、

どれを選んでいいかわからなくなりませんか??

 

だからきっと、

ホットペッパーさんとかの

場所とかで比較できるものが流行ってるんでしょうね。

 

 

でも私自身も

ネイルとかマッサージとかでサロンさんを探したりしてみるのですが、

 

そのサロンさんは見つけられたとしても、

『実際に施術してくれる人によるんじゃないかな』

って、思ったことないですか?

 

 

探す・見つけるというコト。

 

人によっては、

「そのサロンさんの場所や価格帯が気に入っている」

っていう方もいると思います。

 

この場合は場所・価格がマッチングしていればよいですよね(^^)

 

 

でも、

「こういう感じのイメージにしてくれるところないかな…」

とか

「こういう悩みがあるんだけど、なんとかしてくれるところないかな……」

とか。

 

そういう場合はどうでしょう。

 

 

この場合は、

サロンさんにたどり着いたとしても

もしかすると希望の感じにならない場合があるんじゃないでしょうか。

 

 

美容師のタイプ

 
f:id:ami_tanaka:20171130220209j:image

 

今はあるモノに特化した美容室が増えてきてます。

 

《メンズカット》

とか

《クセ毛》

とか。

 

美容室側も、お客様に見つけてもらいやすいように形を変えてきています。

 

でもやっぱり、

ナニカに特化したサロンさんの中にも

【こういうスタイルが得意】

っていうスタイリストさんがそれぞれにいると思います。

 

 

同じメンズカットだって、

スタイリストさんのこだわってる部分が違う。

 

だから、

お客様にも『自分のなりたい』になるために、

私たち美容師を選んでいただく必要があるのです。

 

 

ウマイとかヘタとかそういうのはあるけれど。

 

もちろん美容師側も

技術が上手であるとか、そういうのは大前提として。

 

この技術が出来ないとか、これなら出来るとか、そういうことではないんです。

 

 

例えば

うーん。

美容師から見て、

❝左右1ミリの誤差もなくカットされている❞

とか

❝流行最先端なかわいく見せるスタイルが得意❞

とか

❝ブリーチしてる髪の毛に縮毛矯正かけられる❞

とか

❝グラデーションカラーの色とかバランスが絶妙❞

とか?

 

全部、

『わー、めっちゃうまいやん…!( ゚д゚)』

って思うわけです。笑

 

でも、

「ふんわりかわいい感じにしたーい!」

って人が、

カッチリしたスタイルが得意な美容師さんに切ってもらったら、

もしかしたら「なんか違う…」って思うかもしれないです。

 

 

もちろん私たちも

どんな方のお悩みにも答えられるべきではありますが、

やっぱり《得意・不得意》《こういうのが好き》とかっていうのはあると思うんです。

 

自分のこだわりを表現する仕事だから、

ある意味当たり前なのかなぁと。

 

 

この髪型にしてください

は誰でも出来るけど、

【お客様にとってのこだわり】にマッチしている美容師の方が、

本当の意味でのなりたい髪型にしてくれるはずなんです。

 

 

だから私たちも

『こういう人なんです』

『こんな風にお悩みを解消できます』

っていうのを発信して、

 

お客様は

『こんな美容師さんいないかなー』

『この悩み、なんとかならないかな…』

『こんな髪になりたいな』

 

って、

美容室じゃなくて

美容師さんを探すべきなんです。

 

 

人と人だから。それだけ。

 

美容室もしくは美容師を探す時に

選ぶ理由を見つけてください。

 

なんでもいいと思います。

 

別に、

お客様がその理由が1番大事なら、

場所が通いやすいとか、安いからでもいいと思います。

 

この悩みを解決してほしい。

インスタのこの髪型にしてほしい。

この美容師さんに憧れて会いに行きたいから。

 

理由はなんでもいいと思うんです。

 

 

私は私を知ってくれた方全員に好きになってもらいたいですが!!笑

私にもやっぱりこだわってる部分ってあります。

 

私自身が《絶壁》がコンプレックスだから

髪型はシルエットにこだわります。

『どこから見ても頭の形がキレイに見えるように。』

大事にしてるポイントです。

 

 

私は朝が苦手です。笑

だから、お客様の髪をカットする時は

『朝の髪のお手入れになるべく時間がかからない髪型』っていうのを心がけてます。

 

 

今私が32歳になります。

でもいつまでも《キレイでいたい》っていう気持ちを持ってたいなって思ってます。

 

だから、年齢のせいでこうしたいっていうキレイを諦める方の悩みを解消したくて、

『白髪があっても明るく見せるカラーリング』

をご提案させていただいてます。

 

 

それぞれ美容師さんごとに

こういうこだわりっていっぱいあると思うんです(^^)

 

私のこだわりと

あなたのお悩みが出会えることを楽しみにしています(*´∀`)

 
f:id:ami_tanaka:20171130221254j:image

 

私はこんな美容師です♡

いつでもご相談ください♪

↓↓↓

友だち追加



ホームページはこちらです♪