白髪染めでも明るく染めたい!なりたい髪色を諦めない白髪染め!

原宿・表参道でフリーランス美容師をさせていただいておりますタナカアミと申します。
  



「白髪を染める為には髪色を暗くするしかない」と言われたことはありませんか??

もちろん明るさに限度はありますが、
白髪染めでも明るく見せる染め方はあります!


今回は白髪染めでも明るく染める方法を
お客様実例を交えてご紹介していきます(*´∀`)

明るく染めると白髪が染まらない原因





市販のカラー剤を使って白髪染めされた方はこんな経験はありませんか?

・明るく染めようとする
白髪がキラキラ浮いてしまい染まらない(またはすぐ色が抜ける)

・白髪をキチンと染めようとする
→全体的に暗くなってしまう



また、美容室で白髪染めをされている方でも
「本当はもう少し明るく染めたい」というご希望があっても

白髪が染まらなくなるので、明るく出来ません。
…と断られた事がある方も多いと思います。



白髪が染まるカラー剤というのは、明るく染めるものよりも色素量が多く、とても濃いのです。

なので、毛先まで白髪染めで染めてしまうと、どうしても暗くなってしまうんですよね。



反対にあまり暗くならないように、濃く色を入れないようにすると、
白に色が入らないので白髪が染まらない、という事になります!


簡単のように思えて、実は白髪染めってすごく難しいんです。
市販のカラー剤で1人で綺麗に染め上げるのは至難の技です。

また白髪染めの知識が少ないと
美容室で染めても明るく染める事は難しいと言えます。


ということで、次に明るくオシャレに染める方法を実際のお客様事例を見ながら紹介していきます!!

白髪は染めたいけど、そんなに暗くはしたくないという今回のお客様


白髪が全体的にある、今回のお客様です!










毛先は明るく染まっていますが、
根元を伸びてきている部分を見るとちらほらと全体的に白髪がある状態です!






このように全体的に白髪があります。




お客様のご希望としては
「白髪はしっかり染めたいけど、あんまり暗くしたくない」


髪色が暗くなりすぎると、表情が暗く見えてしまったりしますもんね…!!

色抜けしているのでツヤは足しつつ、
白髪はしっかり染めるけど明るめな髪色になるようにしていきます!!

白髪は染めつつ明るく染める、を実現する方法


では、どのように白髪を染めつつ明るく染めていくかをご説明していきます!!



最初にお話したように、

白髪をしっかり染めようと思うとある程度暗い白髪染めのお薬を使っていかないと
白髪が染まらなかったり、キラキラ浮いてしまいます。


しっかり染めようと思って暗いカラー剤で染めると、
暗く、黒っぽく染まってしまうんですね。



ですので、毛先まで白髪染めのお薬を使ってしまうと
全体が暗く濁った茶色になってしまうので、

根元の新しく伸びてきている白髪が混じっている部分を白髪染めでカラーリングさせていただいて、

毛先は根元との差が出すぎないくらいの明るめのファッションカラー(いわゆるオシャレ染め)で染めていきたいと思います!!




美容室の白髪染めが明るく染められる理由はこちらもぜひご覧下さい
〉〉〉美容室の白髪染めが、白髪は染まるけど暗くなりすぎないのなんでなの?

明るく見せる白髪染めでカラーリングさせていただいたAfter











キレイに染まりました!!!


根元の白髪もしっかり染まっています(*´∀`)






根元部分の白髪染めのお薬は、
白髪がしっかり染まるギリギリの明るめのカラー剤を調合してあります!

毛先部分は根元部分との明るさの差がつきすぎない程度のオシャレ染めのお薬を使っています!!


このように自然にふんわり全体が明るく染まるようにカラー剤を計算して作っています!


明るく染める白髪染めを実現する為には、技術と経験値が必要


明るく染める白髪染めには、

  • 白髪染めのカラー剤で白髪のある部分のみを狙って染める技術
  • 白髪染め部分と毛先のオシャレ染めのカラー剤をチョイスする経験値

が必要です!!!


白髪をしっかり染めたいからといってかなり濃い目の白髪染めを使ったり、

毛先まで白髪染めのお薬を使ってしまうと明るく染めることはできません。


かと言って、白髪が染まらなかったり、時間が経ってすぐキラキラと浮いてきてしまっても嫌ですよね。



明るく白髪を染めようと思うと、
カラー剤をしっかり選ぶ経験値が必要ですし、

ホームカラーのように根元から毛先まで同じお薬を使うようなやり方では明るく染めることは出来ないのです。


むしろ、白髪染めは色素が濃く毛先に残るので、
重ねれば重ねるだけどんどん濃く、黒っぽくなってきてしまいます!!

 

白髪染めで黒っぽくなってしまった髪を明るく染め直す解決方法はこちらもご覧下さい!
〉〉〉白髪染めで暗くなっちゃったことないですか?解決しましょう!!



白髪染めだからといって、
明るくすることを諦めたり
なりたい髪色を諦める必要はありません!!

ただし、白髪染めの経験値のある美容師にカラーリングしてもらうことが大切になってきます(^^)



「白髪染めでいつも暗くなってしまう…」
「白髪染めでは明るく出来ないと言われてしまった」


という方は、ぜひ一度タナカアミにご相談ください!!




他にも白髪染めで明るく見せる方法をご紹介しています!
〉〉〉白髪を明るくオシャレに染める3つの方法を美容師が徹底解説

タナカアミへの相談&予約はLINE@にて!


  • 昔の髪型が似合わなくなったと感じている30〜50代の女性
  • 若い時と同じ髪型を何年も続けている女性
  • 老けて見られない髪型にしたいけど方法がわからない女性
  • 最近旦那さまやお友達に髪型を褒められていない女性


髪型でこんな悩みをお持ちではないですか?


特に30〜50代の女性は「家事・育児・仕事」と、髪にかけるお時間がなかなか取れなくなりますよね。


私は「脱おばさん」をテーマに原宿でフリーランスの美容師を務めており、今まで3000人以上の30〜50代の女性の髪の悩みを解決してきました。

LINE@にて髪の悩みの相談(無料)&ご予約を受け付けております。
ぜひご気軽にご連絡ください!

\お気軽にご連絡ください/