あと90万円足りないそうです。是非読んでほしい。

原宿・表参道でフリーランス美容師をさせていただいておりますタナカアミと申します。




今日のブログは失礼を承知で勝手に書かせていただきました。

もう少し多くの方に知っていただきたかった。
目を通していただいている皆様には本当に感謝しかありません。

届いた一件のEメール

数日前に、一件のEメールが届いた。




すごく可愛がっていただいている、
美容師の先輩の工藤さんのクラウドファンディングからのメールだった。



工藤さんは、私がフリーランスになる!と決めてツイッターを始めてから、
知り合いの繋がりもあって可愛がっていただいている美容師さん。



初めて飲みに連れて行ってくれた時から
サロンも違うし全然お会いした事なかったのに
先輩みたいによくしてくれて、本当に優しい先輩という感じの方。

それ以降ずっと可愛がっていただいていて、
何回も飲みに連れて行ってくれているとても優しい先輩。





工藤さんという人は、
いつもらーめんを食べていて、
いつも飲みに行っていて、
誘ったら絶対に飲みに連れて行ってくれて

すごく正直な事を言うと工藤さんが結婚されていてお子さんがいらっしゃるなんて、
初めの頃は思ってもみなかった。笑


それくらい人付き合いや繋がりを大切にされている、とても優しい人なんだと思う。



そんな工藤さんとご飯に行く約束をしていた時に1回だけ
「娘が少し体調を崩してリスケしてほしい」
と言われた日があった。 


その事をキッカケに工藤さんの娘さんのお話をしてくれたんです。



このクラウドファンディングのページにも詳しく書かれているけれど、

当時は結婚もしておらず、子供を産んだこともない私は「そうなのかぁ…」と思うくらいしか出来ませんでした。

クラウドファンディングという目標を話してくれた時


そんな中、工藤さんが盲腸で入院した事があった。


いつもお世話になっていたから、お見舞いに行かせていただいた時
工藤さんからこの絵本を作りたいという話を聞いた。



娘さんに障害がある事。
娘さんに何か残せるものがないかと考えている事。
娘さんと同じ障害があるお子さんがいらっしゃる方の為に、絵本を作りたいと思っている事。
そしてその為にもオンラインサロンを作ったという事。


美容師として仕事をしながらも
夢、というよりこういう目標があるという事を話してくれた。



私にはあんまりクラウドファンディングというものがよくわからなかったけれど

いつも笑顔で楽しそうにしている工藤さんが真剣な顔で目標を話してくれた事がとても印象に残っている。

そしてその目標や行動が現実になった今


多分入院して絵本の話を初めて聞いたのは半年くらい前だったのかな?

工藤さんは実際に行動に移した。



現在60万円のお金が集まっているそうです。

必要な金額は150万円。
90万円足りないとの事。



60万円という金額もとても大きな金額だと思う。

そしてこの金額も、工藤さんの人柄があっての事だと思う。





だけど、150万円に達しなかったら
何にもならないんだって。

また他の方法はあるかもしれないけど、
きっと少し先の事になってしまうんだと思う。



工藤さんの事を知らない方にとってはクラウドファンディングの中身を知らないと関係ないと思われるかもしれません。


でも、このクラウドファンディングの奥様のコメントを見てみてほしい。


自分はまだ子供はいないし、  
出来るか作るかもわからない。

だけど奥様のこの文を読んだ時に泣きそうになった。






※工藤さんのクラウドファンディングのページより抜粋させていただきました※



私は障害は何もなく、33年間という人生を今まで生きてきました。


だから想像しか出来ないし、薄っぺらい言葉になってしまうかもしれない。

自分にもし子供が出来た時
大切な友達や知り合いが困っていた時。

きっとこんな絵本があったら救われる方がたくさんいっしゃるんじゃないかなぁって思うんです。



少なくても同じ女性として、
私はこの奥様の言葉を見た時に
なんて強くて素敵な方なんだろうと思った。


こんな素敵なご夫婦と千愛ちゃんに
微量ながら応援させていただければなぁと思ったんです。



私が出来る事なんて少ないけれど、
私を通じて知ってくださる方が少しでも増えますように。



最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)





LINE@にて髪の悩みの相談(無料)&ご予約を受け付けております。
ぜひご気軽にご連絡ください!

\お気軽にご連絡ください/