クセで広がりやすい髪質も、長さと重さの調整をして楽ちんに♪

こんにちはー
 
原宿・表参道美容師のあみここと田中亜彌あみです♪
 
 
今回の記事では
 
『クセで広がりやすい髪質の方をお手入れ楽ちんショートボブ』
 
にカットさせていただいたお客様実例です(^^)/
 
 

今回のお客様

 

 

 

 

 
 
今回のお客様は
 
✔髪質は硬め・太め
✔広がる感じのクセ
✔根元は縮毛矯正、毛先はデジタルパーマがかかっている
✔ハチあたりのボリュームが気になる
✔トップ(頭頂部)はボリュームが出づらい

 
…というお客様です(^^)/
 
 
お客様ご自身では、
『ふんわりと柔らかい感じに見せたい』
というご要望があり、
 
重たくまとまってしまうのが気になっているという事でした!!
 
  
 
今の長さもお似合いだったんですが、
『長さを切ってスッキリさせたい』
ということだったので、
 
襟足の長さはスッキリカットさせていただいて
 
横や表面のあたりは
デジタルパーマのかかっている毛先の動きを利用して
 
ふんわりと動くようにしていきたいと思います!!(^^)/
 
 

カット後のAfter→→→

 

 

 

 

 
 
スッキリしましたっ!!!(*´∀`)
 
 
比べるとシルエットがだいぶ変わりましたね♪
 

 
  
今回はお客様がアイロンやコテを日ごろお使いになるということだったので、
 
表面の毛先部分にのみアイロンを軽く使わせていただきました!
 
  
では、カットのポイント解説をさせていただきます♪
 
 

カットのポイント解説♪

髪質に合わせた長さの設定

 
まず、今回のお客様は
髪質は太め・硬めで、広がる感じのクセ
があります。
 
 
今回のお客様の髪質だと、
表面の髪の長さを短くしすぎると広がるので、
 
表面の長さは残しながら、
ふんわりとした動きが出やすい様に
ハサミで間引くように隙間を作って毛量調整をしましたっ!(*´∀`)
 

 
↓↓↓
 

 
表面の長さはあまり変えていません!!(^^)/
 
 
今回は毛先にデジタルパーマがすこーし残っていたので、
パーマの動きが残るように長さを残したというのもあります(^^)/
 

 
 

全体のバランスも見ながらシルエットを作る!

 
《頭の形がキレイに見えるように》
というのももちろんなんですが、 
  
今回のお客様は身長がそんなに高くない方だったので、
 
全体のバランスを見ても、
長さが短くなって頭が小さくなった方が
立った時のシルエットもキレイに見える

 
ので、襟足の長さをカットさせていただきました!!(^^)/
 
 
首が見えて、お顔周りもスッキリしました(*´∀`)
 
 
もちろん乾かしただけでも頭の形がキレイに見えるように
ボリュームを残すところは残して、
 

 
締めるところは締めてカットしてあります♪
 

 
 

分け目をほんの少しだけ変えて…

 
あとはお悩みの
【ハチ周りはボリュームが出て、トップにボリュームが出ない】
…というところ。
 
  
こちらは、ハチ周りにボリュームが出づらいように毛量を調整してあるのもそうなんですが、
 
少し分け目をずらして、トップにボリュームを出してあります。
 

 
↓↓↓
 

 
 
前髪も少し増やして分け目が見えないようにもしてあるんですが、
 
普段分けているところより気持ち右から分け目をつけることで、
〈毛流れに逆らった毛を作る〉ことで
トップをふんわりとさせることができます(*´∀`)
 

 
 
乾かす時点からいつも通りの分け目にして
乾ききってしまうと分け目は変えづらいので
 
乾かす時に分け目をいつもより少し外側にずらして
頭皮を指の腹でこするようなイメージで乾かすと
分け目を変えても馴染みやすいですよ(^^)/
 
 
 
こんな感じで少しバランスを変えて
 
頭の形をキレイに見せたり
全体のバランスをスッキリ見せたり

することが出来ます!!(*゚∀゚)
 
 
 
ちょっとバランスが変わると雰囲気はだいぶ変わります♪
 
髪質に合わせたカットをすると、お手入れのやりやすさも変わります!!
 
プラス、日頃のお手入れのしかたや、
お洋服やお顔立ちに合わせた似合わせで
 
あなたのお手入れ楽ちん×似合うを作ります♪
   
 
 
『いつも美容室ではいい感じになるけど、自分ではお手入れがうまくいかない…』
 
…という方は、ぜひ一度ご相談下さい!!!
 
  
毎日ご自分でお手入れ出来る髪型作りがモットーです(*´∀`)
ご相談だけでもお気軽にどうぞ♪
↓↓↓
友だち追加
 
  
 
ホームページもぜひご覧ください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です