白髪染めで暗く黒っぽくなった髪色を明るく染める事は可能です!!

原宿・表参道でフリーランス美容師をさせていただいておりますタナカアミと申します。
 

 

 

お客様を担当していてよくあるお悩みの一つ。

『自分で白髪染めをしたら暗くなりすぎてしまった…』という問題…!!!

 

今日は暗くなってしまった白髪染めを明るく見せたり、染め直していく方法を解説していきます!!(^^)/

 

白髪染めで暗くなってしまったことはないですか??

そもそも白髪染めはなぜ暗くなるのか?

 
まずはなぜ自分で染めると暗くなってしまうのかご説明します!


白髪染めをご自分で染めたことのある方はわかると思うのですが、
 
明るく染めようと思うと白髪部分が染まらない。
しっかり染めようと思うと、毛先まで黒っぽくなってしまう。

 
と、いう経験はないでしょうか…!!!


白髪の❝白❞を染めようと思うと、
濃い色素のカラー剤を使わないと染まらないんです…!!!


 
カラーリングって
カラーフィルムはご存知でしょうか??
 
あの照明とかに貼り付けて色変えるフィルムです!!
f:id:ami_tanaka:20180106213313j:image

カラーフィルムとか絵の具とかと一緒で、
真っ白な画用紙に薄い色を乗せてもその色にならない、
って感覚おわかりいただけますでしょうか………。
 
黒い画用紙に絵の具乗せるのも一緒です。


 
黒の地毛部分は
【明るくしつつ色をいれる作用のカラー剤】 
 
白髪部分は
【しっかりとした濃い色味のカラー剤】
 
じゃないと染まらないのです。。!!!


白髪染めじゃなくてもだいたいのカラー剤は
明るくする作用+色を入れる
というどちらの役割も果たすものが多いです。


  • 明るくする度合い
  • 色味の濃さ
  • 色味の種類の違い
が美容室でよく見るカラーチャートの種類、という感じですね!!


カラーチャートってこういうのです↓
 

f:id:ami_tanaka:20180106224131j:image

 
見たことあるかある方は多いと思います!


 
白髪はもともとのベースが白なので、
 
その分茶色を濃くしないと、しっかり染まってくれないんです…!!!


なので、ホームカラーで
 
「白髪もしっかり染めよう!!」と思って毛先まで染めてしまうと、
黒っぽくなってしまうんですね(´;ω;`)

白髪染めで暗くなりすぎないためにはどうすればいいの??

 
では!白髪染めで暗くなりすぎないためにはどうすればいいのか??


やむを得ずご自分でカラーリングされるのであれば
 
毛先まで染まってしまう《泡タイプ》のものではなく
ハケとかクシで塗るような《クリームタイプ》をチョイスして
 
なるべく新しく伸びてきた根本部分だけを染めましょう!!


全部が難しければ
ご自分から見える顔周りと頭頂部のところだけ!にしておきましょう。


 
白髪染めの色素の濃さはなかなかあなどれなくて、
 
一回でも濃く染まってしまったものを明るくするには、
とてもパワーのある明るくするカラー剤を使わないと明るくならないんです…。



そうすると、髪の毛の負担が大きく痛みが出てしまいます。


 
大人女性の髪にはツヤがマスト。
 
せっかくキレイに染めるならバサバサにはしたくないですもんね!!

これは美容室でもなるべく全体ではなく根元の気になる白髪部分のみを染めることが大切。

 
美容室のカラーリングでも「白髪染め」のお薬で毛先まで染めてしまうとどんどん色素が重なって色が暗くなってしまいます! 
 

 
f:id:ami_tanaka:20180106224218j:image

 

染める頻度が高い方なら、なるべく根元だけを染める
 
【リタッチカラー】の月を作るとよいですよ!


リタッチカラーのお客様事例はこちらです♪→→→

白髪染めは伸びてきた根本だけでもいーんです!!

 
 
美容室に来たからと言って、毛先まで染める必要はないんですよ!


 
美容師が染めるからこそ、
❝染めたい部分にだけ狙ってカラー剤を塗る❞というテクニックがあります


これは、染まっている部分には無駄にダメージをさせない大事なテクニックなんです!!

でもせっかく染めるなら色を変えてイメージを変えたいという方には…

 
そうですよね…!
その気持ちはとてもわかります…!!!
 
ダメージはしたくないけど、
せっかくカラーリングするなら毛先の色を変えて雰囲気が変わる感じも楽しみたいですよね…!!!!


 
そういう時は
 
根元は白髪染め×毛先はオシャレ染め
 
の染め方にすると、毛先は暗くならず明るく白髪を染めることができます♪


白髪染め×オシャレ染めの染め方のお客様事例はこちらです♪→→→

美容室の白髪染めが、白髪は染まるけど暗くなりすぎないのなんでなの?

白髪染めでも明るく染めたい!なりたい髪色を諦めない白髪染め!

 
根本は白髪も染まるカラー剤で、
毛先は暗くなりすぎないオシャレ染めで染めていく方法ですが、
 

  • 新しく伸びてきている部分の長さ
  • 地毛部分の白髪の割合
  • すでに染まっている毛先部分の明るさ
 
これらの全ての条件のバランスをみて
 
根本部分と毛先部分の明るさの差が出ないように
根本のカラー剤と毛先のカラー剤を選んで染めていきます!!


これは美容室でしか出来ない染め方ですよね(^^)


根元と毛先の明るさの差が出すぎず自然に染められるカラー剤のチョイスも、
白髪染めの経験値があってこそなんです♪

もう白髪染めで暗く黒っぽくなりすぎてしまった場合は…??

 

f:id:ami_tanaka:20180106224358j:image


1番のお悩みはココですよね。
 
「白髪染めで暗くなってしまった毛先をもう少し明るくしたい。」


お客様を担当させていただいていてもほんっとーーーによく聞きます。


 
こちらの解決方法は大きくわけて3つあります。


  1. 根元のみを染めて、毛先の色抜けを待つ。
  2. ブリーチではない髪を明るくする作用の強くカラー剤で、濃く入った色味を薄めていく。
  3. 根元は白髪染めで毛先にはハイライトを入れて明るく見せる
 
私がオススメする方法はこの3つになります♪
 

白髪染めで暗くなってしまった毛先を明るくする方法その①

 
根本のみを染めるリタッチカラーを続けて
毛先の色味が抜けてくるのを待つ。


この方法は、よほど真っ黒になっていなければ徐々には明るくなってくる方法かなぁ…と。。


 
でも解決するのに時間がかかりますし、
暗くなっている度合いによっては色が明るく抜けてこない場合もあります。


私の白髪染めでは、
 
根元の白髪染め部分のお薬も
白髪の多さやお客様の染まりやすさなどを見極めて
 
白髪はしっかり染まって色抜けはしないけど、
なるべく明るく染まるカラー剤を調合して染めています!


根元のみを染めるリタッチカラーで、いつも根元が黒っぽくなってしまうという方もぜひ一度ご相談ください♪

白髪染めで暗くなってしまった毛先を明るくする方法その②

 
暗くなってしまった毛先に
ブリーチではないオシャレ染めでなるべく明るいカラー剤を使って明るくする。


このやりかたで明るくさせていただくお客様はとても多いです!!



 



でも、オシャレ染めで1番明るくする作用のあるカラー剤を塗っても、
 
「あ、ちょっと黒っぽいのが抜けたわね」
…というくらいにしか明るくならないんです…。


なので、どうしてもの場合はあるとは思いますが
 
毎回ご自分でカラーリングして毛先が暗くなる

美容室で明るく直してもらう
 
…を繰り返していると、髪の毛はとても傷んでしまいます……。


ですので、白髪染めで暗く染まらないようにする、ということが1番大切なんです(^^)


白髪染めで暗くなってしまったお客様を明るくカラーリングさせていただいたお客様実例はこちらをご覧ください!→→→

白髪染めで暗くなってしまった部分を明るく染めてカラーリング!

白髪はしっかり染めたいけど、明るくしたい!を叶える白髪染め


白髪染めで暗くなってしまった毛先を明るくする方法その③

 
これは私の1番のオススメの染め方です!!
 
それは
 
根本は白髪染め×ハイライトをいれる
というやり方です!!


ハイライトのお客様実例はこちらです♪→→→

アラフォー女性必見!白髪が目立たないカラーリングを美容師が紹介

白髪染めは明るく出来ない?暗くなったを解消します!

ハイライトとは??

 
《ハイライトとは、髪全体のカラーリングよりも明るめの色味を部分的に筋で入れること》


文章で書くとわかりづらいんですが、こういうカラーリングです!
 

 

 



なんとなく明るい筋のカラーリングがわかりますでしょうか??
 
これがハイライトです!!


全体を明るいカラー剤で染めるよりもダメージが少なく、
ふんわり明るく見せてくれる効果があるので
 
白髪染めで暗くなってしまった方にはとてもオススメです!!(^^)


 
もちろんこのハイライトの明るさも調節できます♪


明るさの差がつけば、その分イメージとしては
《華やか・派手》という印象が強くなります。


ツヤ感や落ち着いた雰囲気を残したい場合は
上の写真くらいの明るさの差がオススメです!

暗く黒っぽくなってしまった白髪染めを明るく染めるのには、美容師の白髪染めの経験のテクニックが必要!

 
このように今回は、
 
白髪染めで

  • 暗くなりすぎないために
  • 暗くなりすぎてしまった時は
…のご紹介をさせていただきました(^^)


白髪はしっかり染めつつ、
なりたい髪色、なりたい明るさになるべく近づけるような染め方はあります!!


もちろんそれには
美容師のテクニック美容師の経験によるカラー剤のチョイスが絶対必要です!


 
白髪染めで暗くなってしまった毛先には、
 
なりたい希望の明るさのカラー剤で染めるだけでは
暗い色が重なってしまって明るくなるどころか暗く染まってしまいます。


毛先に残っている白髪染めの色素の濃さと
カラー剤の色素の足し算と引き算が出来る美容師さんに白髪染めを頼む事が
白髪染めを明るく染める、ということに繋がります! 
 



 
白髪染めだと黒っぽくなってしまって、
顔色が疲れて見えたり、老けて見えてしまうとお悩みの方は多いと思います。 


しっかり染めないと白髪が染まらないからと
暗く黒っぽくなってしまっているのを諦めていませんか??


あなたのなりたいキレイを叶えるお手伝いをさせてくださいっ!!


白髪があるからって諦めることなんてないんです。
一緒にキレイを作りましょう!
 
ぜひご相談だけでもお待ちしております♪

原宿・表参道エリアで白髪染めを明るく染めたい方はタナカアミへの相談&予約はLINE@にて!

  • 昔の髪型が似合わなくなったと感じている30〜50代の女性
  • 若い時と同じ髪型を何年も続けている女性
  • 老けて見られない髪型にしたいけど方法がわからない女性
  • 最近旦那さまやお友達に髪型を褒められていない女性

 
髪型でこんな悩みをお持ちではないですか?


特に30〜50代の女性は「家事・育児・仕事」と、髪にかけるお時間がなかなか取れなくなりますよね。


私は「脱おばさん」をテーマに原宿でフリーランスの美容師を務めており、今まで3000人以上の30〜50代の女性の髪の悩みを解決してきました。
 
LINE@にて髪の悩みの相談(無料)&ご予約を受け付けております。
ぜひご気軽にご連絡ください!
 

\お気軽にご連絡ください/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です