離れすぎず、求められる位置に自分を置くということ。

原宿・表参道でフリーランス美容師をさせていただいておりますタナカアミと申します。
 



先月、久しぶりにブリーチをしてかなり髪を明るくしました。
 



実はブリーチは数ヶ月前から「やりたいなぁ、どうしようかなぁ」とずっと思っていて
 
でも自分の年齢的にも33歳だし、
原宿エリアで働いているとはいえ自分のお客様の層としても30代〜50代の女性のお客様がメインの客層です。


お客様とお悩みやイメージを共有する上で
自分があまりにもお客様からかけ離れてしまうと共感していただきづらくなるかなぁとずっと考えていました。


 
でもやっぱり何かをガラッと変えたくて
ダメだったら戻せばいいし!…とブリーチをしたんです。
 

 
色を入れる前はかなり明るいです!笑


でも実際女性のお客様から髪色を褒めていただける方がかなり多く、安心しました!(^^)
 


私はメイクもファッションも髪型も、
私のお客様から見て「いいな」と思っていただけるかどうかをいつも基準としています。 


美容師なので、もちろん美容師らしさやオシャレさは考えていますが、
 
あまりに感覚が離れすぎず、でも同じではないくらいの距離のトコロに自分を置くようにしています。


オシャレなのはわかるけどやりたいとは思わない、ではなく
こういうのやってみたいけどなかなか出来ない!
くらいな感じの距離感を大切にしています(^^)
 
めちゃくちゃ感覚的な部分なんですが…笑
 


タナカアミとして自分を楽しみつつ、
お客様からも求めていただけるような自分でい続けられるよう
これからもいろいろと楽しんでいきたいと思います!(^^)

 

 

 
LINE@にて髪の悩みの相談(無料)&ご予約を受け付けております。
ぜひご気軽にご連絡ください!

\お気軽にご連絡ください/