縮毛矯正をやめたい!縮毛矯正部分が残る場合の髪型の選択肢の一つ

原宿・表参道でフリーランス美容師をさせていただいておりますタナカアミと申します。
 

 
段々暖かくなってきて、
汗をかいたり、湿気が多くなってきたりして
 
ブローやアイロンをしても外に出てしばらく経ったらクセが…!!!
 
なんてことが増えてくる時期ですよね…!
 
 
でも、「時間のかかる縮毛矯正をやめたい」
っていう方も多いのではないでしょうか。
 
 
そんな方の為の選択肢の1つを今回はご紹介します!!
 
 

前回の縮毛矯正は半年前くらいの広がるタイプのクセ毛のお客様

 
今回のお客様は
 
✔前回の縮毛矯正は半年前くらい
✔髪は細めでほわほわ広がる感じのクセ
✔生え際辺りはクセが強く、クルクルしている部分もある
✔髪の毛の量は多め

 
…というお客様です(^^)
 
 
ご来店の際に結んでらしたので結びグセもついていますが、
このあたりが髪が伸びてクセが出ている部分になります。
 

 
 
お顔周りはクセが強いです。
 

 
 
いつも1年に1回くらい縮毛矯正をかけていたそうなんですが、
「縮毛矯正をやめたい」
…ということでご相談いただきました!!(*´∀`)
 
 

脱・縮毛矯正をするためには

 
縮毛矯正をやめるためには
まず当然ですが
『縮毛矯正をしていた部分がなくなること』
が必要です!
 
 
でも、縮毛矯正をかけた部分は半永久的に残ります!!
 
毛先がハネたりしたとしても、それは根本の伸びてきたクセが原因である場合が多いです。
 
 
 
クセのタイプにもよりますが、
 
クセを完全に活かして動きを出す髪型にするにしても

縮毛矯正をやめたい!クセ毛カットでボリュームを抑えてオシャレショートに♪

 
 
クセが出づらいようにボブくらいの長さにするにしても

クセを活かして乾かすだけで内巻きボブに×明るく染める白髪染め♪

 
 
縮毛矯正の残っている部分と地毛のクセ部分とが混ざってしまうと
 
髪の質感が違ってしまうのと
毛先の縮毛矯正の残っている部分がハネてしまったりします。

 
 
 
今回のお客様も根本の地毛部分はこのあたりまで伸びていますが、

 
ここまで切ってしまったらさすがにものすごく短い髪型にしかできません…!(´;ω;`)
 
 
なので、せめてバランスのいいショートヘアにできるくらいまで根本の地毛部分が伸びるのをもう少し待つ必要があります!!
 
 

地毛のクセ毛部分が伸びるまでの髪型はどうするの?

 
この、
 
根本はクセが出てきている。
毛先は真っ直ぐ。

 
っていう状況って、お手入れもものすごくやりづらいし
見た目も気になる時だと思います。
 

 
 
「でも地毛部分が伸びないと縮毛矯正はやめられないし…」
っていう中で何も対処法がないのはつらいですよね(´;ω;`)
 
 
クセの強さにもよりますが、
 
・根本のクセの質感に合わせてパーマをかける
・ストレートアイロンで気になる地毛のクセ部分を伸ばす
・毛先の縮毛矯正がかかっていて真っ直ぐな部分をコテで巻く
・結ぶ

 
このあたりが対処法になってくるかと思います!!
 
 
 
しかし、縮毛矯正がかかっている髪にパーマをかけるのはとても難しい技術なので、
 
この方法は縮毛矯正などの技術がしっかりしている美容師さん以外の美容師に頼むのは危険だと思ってください!
 
 
 
私は今回、
お客様の
《普段朝、髪にかける時間やお手入れ方法》
《今後どういう髪型やイメージになっていきたいか》
をお伺いして
 
『どう伸ばしていくか』をご提案させていただきました!(*´∀`)
 
 

今回のお客様の場合の脱・縮毛矯正計画!

 
今回のお客様の場合
 
✔いつも仕事の時は結ぶ
✔普段帽子をかぶるお仕事
✔前髪や気になる生え際部分のみアイロンを使う時もある

 
というライフスタイルでした。
 
 
なので!
 
毛先に縮毛矯正部分が残ってしまう状態で短くして
「やっぱり短くするとお手入れが大変…」
という思いをすることがないように
  
スッキリクセ毛ショートにした時に
完全に縮毛矯正部分がなくなるくらい根本の地毛部分が伸びるまで
 
結べるくらいの長さは残して
クセが出やすい雨の日や
暑い夏は乗り切っていただこう!!

 
…というご提案をさせていただきました!(^^)/
 
 

そこで1つ問題が!!

 
今回のお客様は
「お仕事の時は髪が邪魔になるからいつも結んでいる」
…ということだったんですが、
 
普段お仕事じゃない時は髪をおろしている、ということだったんです。
 
 
よくよくお話をお伺いしていると
「仕事以外の時くらいはおろしたい」
 
…というのと
「単なるひっつめたポニーテールだと、おばさん見えしてしまってオシャレにならない」
 
という思いがあるようでした。
 
 
 
ですので
 
・ポニーテールで結んでも、疲れた印象や老けて見えないように❝前髪を増やしてカット❞
 
・ポニーテールで結んだだけでもおばさんに見えない方法

 
…の2点でお悩みをカバーさせていただくことにしました!!(*´∀`)
 
 
 
ポニーテールでも
 
✔セット剤を薄くつけてトップの毛を引き出す!
 

 
 
✔単なる黒ゴムじゃなくて、ポイントのついているものやバレッタなどをうまく使う!
 

 

 
 
✔顔周りにちょろっと髪を垂らす!(出来れば巻きましょう!!)
 

 
 
など、ちょっとしたポイントを抑えるだけで脱・おばさんできますよ♪
 
 
同じポニーテールでもおばさん見えしないポイントがあります♪
詳しくはこちらをご覧ください(^^)→→→

毎日使える!簡単、脱・おばさんポニーテールのポイント解説!

ずぼら美容師が教える!!30代のボブスタイルの簡単アレンジ♪

 
 
結ぶのでもオシャレに見えるなら手抜き感もないしいいですよね♪
 
 
 
また、ストレートアイロンはお持ちで前髪部分には普段もお使いいただいてるとのことだったので
 
お出かけの時におろしたりも出来るように
全体のストレートアイロンでのセットのしかたもご説明させていただきました!(*´∀`)
 
 
アイロンを軽く通すとこんな感じ♪
 

 
  
おろしても重たく見えないように、
長さは残しつつ少し段を入れてカットさせていただきました(*´∀`)
 

 
 
長さはバッサリ切ったわけじゃないけど、
スッキリ軽く見えるようになりました!!
 
 

さらにクセの出やすい梅雨時期を乗り切るために

 
今回のお客様は前髪が短いので
「梅雨や夏時期は、前髪部分のみ縮毛矯正をかけてもいいかもしれませんね(^^)」
 
というご提案もさせていただきました(*´∀`)
 
 
雨が降っていたり汗をかいたりすると
ストレートアイロンを使ってもクセが戻ってしまう
ので
 
もし梅雨時期にお手入れしづらいようでしたら
 
前髪部分のみの縮毛矯正というのもストレスを減らす方法の1つだと思います!!
 
 
全体縮毛矯正をかけるよりもかかる時間も料金も少なく済むので
 
・前髪を伸ばす予定がない方
・生え際や前髪部分のクセが強い方

はオススメです(*´∀`)

縮毛矯正をやめたい!けど、前髪のクセが気になる方にはポイント縮毛矯正がオススメです!

 
 
前髪に縮毛矯正をかけてもペタッとしない方法もあるので、ぜひご相談ください!!
 

タナカアミへの相談&予約はLINE@にて!


 

  • 昔の髪型が似合わなくなったと感じている30〜50代の女性
  • 若い時と同じ髪型を何年も続けている女性
  • 老けて見られない髪型にしたいけど方法がわからない女性
  • 最近旦那さまやお友達に髪型を褒められていない女性

 
髪型でこんな悩みをお持ちではないですか?


特に30〜50代の女性は「家事・育児・仕事」と、髪にかけるお時間がなかなか取れなくなりますよね。


私は「脱おばさん」をテーマに原宿でフリーランスの美容師を務めており、今まで3000人以上の30〜50代の女性の髪の悩みを解決してきました。
 
LINE@にて髪の悩みの相談(無料)&ご予約を受け付けております。
ぜひご気軽にご連絡ください!
 

\お気軽にご連絡ください/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です