白髪染めで暗くなってしまった部分を明るく染めてカラーリング!

原宿・表参道でフリーランス美容師をさせていただいておりますタナカアミと申します。




今回の記事では、

白髪染めで暗く、黒っぽくなってしまったお客様を
白髪はしっかり染めつつ明るくカラーリングさせていただいた実例をご紹介していきます!

明るく染めると白髪が染まらない原因





市販のカラー剤を使って白髪染めされた方はこんな経験はありませんか?


・明るく染めようとする
白髪がキラキラ浮いてしまい染まらない(またはすぐ色が抜ける)

・白髪をキチンと染めようとする
→全体的に暗くなってしまう



また、美容室で白髪染めをされている方でも
「本当はもう少し明るく染めたい」というご希望があっても

白髪が染まらなくなるので、明るく出来ません。
…と断られた事がある方も多いと思います。



白髪が染まるカラー剤というのは、明るく染めるものよりも色素量が多く、とても濃いのです。


なので、毛先まで白髪染めで染めてしまうと、どうしても暗くなってしまうんですよね。



反対にあまり暗くならないように、濃く色を入れないようにすると、
白に色が入らないので白髪が染まらない、という事になります!

簡単のように思えて、実は白髪染めってすごく難しいんです。
市販のカラー剤で1人で綺麗に染め上げるのは至難の技です。


また白髪染めの知識が少ないと
美容室で染めても明るく染める事は難しいと言えます。

なぜ白髪染めでどんどん暗くなってしまうのか??





白髪をしっかり染めようと、暗めのお薬で染めてしまうと当然ですが暗く、黒っぽく染まってしまいます。

白髪染めの色素は濃いので、
染めた部分の髪に色素が残ってしまうんです。


そうすると前回よりも明るいカラー剤で白髪染めをしたつもりでも、

「前の白髪染めの残っている色素+新しく染めたカラー剤の色素」
が毛先に蓄積してしまい、暗くなってしまうんですね。


毛先に残っている色素を計算して、
かなり明るめにする作用のあるカラー剤を選ばないと
1度白髪染めで暗くなってしまった毛先を明るくする事は出来ないんです!

白髪染めで黒っぽく暗くなってしまったとお悩みのお客様


明るくしたいとオーダーしても、いつも暗くなってしまうとお悩みの今回のお客様です。










毛先は明るい部分もありますが、
繰り返し白髪染めを続けている根元〜中間の毛先部分がかなり黒っぽくなってしまっています!




毎回「もっと明るく染めたい」とオーダーしても、
染める前よりも暗くなってしまうという事で、

明るくするのを諦めなければいけないのかな、とご相談いただきました。



今回のお客様の場合、
白髪が気になって頻繁にカラーリングをされているという事もあり、

白髪染めの濃い色素が髪にかなり残っている状態と言えます!


ですので、
白髪染めのカラー剤では伸びてきた根元のみを狙って染めて、

この暗くなってしまっている部分は明るくする作用のカラー剤を塗って明るくしていきたいと思います!

白髪染めで黒っぽく暗くなってしまっていた髪を明るくカラーリングさせていただいたAfter→→→


黒っぽさが取れて、自然なブラウンくらいになりました♪










比べると明るくなったのがわかりやすいですね♪






根元の白髪はしっかり染まっています!!




では、詳しく明るく染める白髪染めの解説をしていきます(^^)/

白髪染めで暗くなってしまっていた毛先を明るくするカラーリングの解説!


まず今回のお客様が前回カラーリングをされたのが2〜3週間前。

根元のみを染めるリタッチカラーをされる事も多いそうなんですが、
しっかり白髪を染めるためにかなり濃い目に根元部分が染まっています。




お客様のご希望をお伺いすると、
今後なるべく明るめにしていきたいということでしたので

毛先の明るい部分は残して、
この暗くなってしまっている部分を明るくしていく染め方でカラーリングしていきます!



以前ハイライトを入れて明るく見せるカラーリングを試した事もあるそうなんですが、

このくらいしっかり暗いお色で染まっていると、
ブリーチ剤を混ぜていかないとハイライトがハッキリわかる明るさにまで抜けないんです。


今回のお客様は
縮毛矯正を定期的にされているという事でしたので、

ブリーチを使ったハイライトは入れずに、
黒っぽさを取りつつ明るくしていくというカラーリングの方法を選ばせていただきました!


ハイライトを使った明るく見せる白髪染めの方法はこちらでご紹介しています♪
〉〉〉ボブでもふわっと動きは出てみえたい時に効果的なカラーリング♪

根本は白髪染め!毛先のカラー剤は明るくする作用のあるものを!


「明るくはしたいけど、白髪はしっかり染めたい」

白髪は染まるという事が1番大切ですよね!!



根元の白髪部分は白髪がギリキリ染まる明るさの白髪染めで、新しく伸びている1センチ弱くらいの幅のみを狙って染めていきます!




そして、この暗くなってしまっている部分は、
この黒っぽさを取るためにブリーチ剤ではないファッションカラーで1番明るくする作用のあるカラー剤で
黒っぽさを薄めていきます!




白髪染めの色素はこれくらい明るくする力のあるカラー剤を使っても、ほんの少し明るくなるくらい色が濃いんです…!!

なので、希望の明るさで染めてしまうと、毛先に残っている暗い色が抜けず
「毛先に残っている色素+新たに染めたカラー剤の色素」が重なって、色がさらに濃く染まってしまうんです。


今回は明るくする、という事を1番のご希望とされていたので、
色味の入っていない、純粋に明るさを上げるためのお薬を使って黒っぽさを薄めました!




どんなに明るめのカラー剤でも、
色味が入っているとその分少し暗く染まって感じますからね(^^)



白髪染めの経験値が少ないと、
このカラー剤の選定が出来ず明るく染める事が出来ないんです。


「白髪染めで暗くなってしまった髪を明るく染めたい」
「白髪は染めたいけど、暗くはしたくない」


という方は、白髪染めを得意にしている美容師さんにお願いすることをオススメします!!



今回のお客様も、黒っぽさが取れてくれば白髪染めでも色味を変えたりする事は可能です。

白髪染めだからと言って、なりたいキレイを諦めることはないんですよ(*´∀`)


お客様の現状の髪色や状態によって、
白髪を明るく染める方法は他にもございます!

今よりも白髪を明るく染めたい方は、ぜひ1度タナカアミにご相談ください! 
〉〉〉白髪を明るくオシャレに染める3つの方法を美容師が徹底解説

タナカアミへの相談&予約はLINE@にて!


  • 昔の髪型が似合わなくなったと感じている30〜50代の女性
  • 若い時と同じ髪型を何年も続けている女性
  • 老けて見られない髪型にしたいけど方法がわからない女性
  • 最近旦那さまやお友達に髪型を褒められていない女性


髪型でこんな悩みをお持ちではないですか?


特に30〜50代の女性は「家事・育児・仕事」と、髪にかけるお時間がなかなか取れなくなりますよね。


私は「脱おばさん」をテーマに原宿でフリーランスの美容師を務めており、今まで3000人以上の30〜50代の女性の髪の悩みを解決してきました。

LINE@にて髪の悩みの相談(無料)&ご予約を受け付けております。
ぜひご気軽にご連絡ください!

\お気軽にご連絡ください/