白髪も染めてふんわり明るく!白髪染めでもご希望を叶えます!

こんにちは
 
原宿・表参道美容師のあみここと田中亜彌あみです♪
 
 
今回の記事では、
 
❝白髪はしっかり染めるけど、暗く染まっているところをふんわり明るくしたい❞
 
…というご希望のお客様の実例をご紹介します(^^)/
 

今回のお客様

 

 

 
 
今回のお客様は、
 
最近
『ダメージが出ないように』
 
ヘアマニキュア
でカラーリングされていたお客様です。
 
 
全体を見ると暗めなお色の印象ですが、
前の白髪の多めな部分をよく見ると
 

 
白髪の部分が明るく抜けている
のがおわかりいただけると思います!!
 
 
 
『少し明るくしたい』
というご希望がずっとあったようなのですが、
 
傷むから
 
…という理由でずっとヘアマニキュアでのカラーリングを提案されていて、
明るく染めてもらえなかったとの事でした、、、(´・ω・`)
 

ここで気になるのがカラーリングの種類

 
ここで気になるのが、
『ヘアカラーとヘアマニキュアって違うの??』
…というところですよね!!
 
簡単にご説明いたします(^^)/
 
 

ヘアカラーとは??

 
まずヘアカラーというのはざっくり言うと
 
髪の毛を明るくしながら色味もいれていく
 
ものです。
 

 
色味の入ってないライトナーというカラー剤もあります。
 
 
このカラー剤には明るく出来る範囲があって、
 
それよりも明るくしたい場合は
「ブリーチをしてからカラー剤で色味を入れる」
 
という工程が必要となります!!
 
 
 
今はオシャレ染めと白髪染めの区別が前ほどハッキリついていなくて、
 
白髪が染まるカラー剤→
色素が濃く入っていて7〜6レベル以下
 
 
それより明るいと白髪が染まらない
 
みたいな感覚です(^^)/
 

 
 
明るくする作用が大きいほどダメージも大きく
 
暗いカラー剤ほど色味が多く入っています!!
 
 
✔色味は徐々に抜けるが、明るくした部分は暗く戻ることはない
 
✔色持ちは明るさにもよりますが、1〜2ヶ月程度
 
✔明るさや色味を変えられる
 
という特徴があります(^^)/
 
 

ヘアマニキュアとは??

 
ヘアマニキュアというのは
 
髪を明るくする作用はなく、色味をつけるだけ
 
というものです。
 
 
髪の毛の表面にコーティングされるようなイメージのもので、
ダメージは少ないです。
 
 
ここで、結構ヘアマニキュアに対して誤解をされてる方が多いんですが、
 
この『明るくする作用がない』
というところ。
 
 
これは黒髪にマニキュアを塗っても
 
黒のまま
 
という事なんです。
 
 
真っ赤なマニキュアを乗せると
若干赤黒い感じにはなりますが、
その程度です!!
 
 
カラーセロファンみたいなものをイメージしていただくとわかりやすいと思うんですが
 
例えば
ピンクのカラーセロファンを
白い画用紙に当てると真っピンクになると思うんですが
 
真っ黒の画用紙に当てると黒いまま
 
なのは想像つきますでしょうか…??
 
 
マニキュアもそんな感じなのです!!!
 
 
 
なので、
白髪が多い方だったら
 
白髪の部分にはマニキュアの色が入るので
 
マニキュアの濃さや色味を調整すれば
明るさなどが調整できる

 
…ということなのです!!
 
 
白髪がちらほらある程度の方だと、
 
マニキュアでは明るく見せることは出来ません。
 

 
 
茶髪や金髪の方でしたら、
染まっている部分に色味だけ足すことは出来ますよ(^^)/
 
 
なので、
 
✔マニキュアは髪の毛を明るくする作用はない
 
✔髪の毛をコーティングする程度なので、色持ちが悪く、シャンプーする度に色落ちがあり3週間程度で抜ける
 
✔髪の毛の内部には作用しないので、ダメージは少ない
 
✔白髪や明るく染まっている髪には、色味を足すことができる
 
という特徴があります(^^)/
 
 

…と、いうことで今日のカラーリングの方法!

 
最近ヘアマニキュアでカラーリングされていた今回のお客様!
 

 
 
・色味はブラウンがいいけど、もう少し明るくしたい
・白髪の染まりが悪いのが気になる
 
…というご希望でしたので、
 
ヘアマニキュアに代わり、
ヘアカラー剤を使って少し明るくしていきます(^^)/
 
 
髪色が真っ暗すぎても
 
❝染めている感❞
が出すぎて
 
おばさん見えしてしまうし、
 
 
髪色が明るすぎても
 
❝若作り感❞
が出てしまい、
 
おばさん見えしてしまうので、
 
 
普段の服装や肌色などを見ながら
明るさを決めていきますよー!!!(^^)/
 
 
 
ヘアマニキュアというのは明るくなりづらくなったりしますので、
どの程度色が抜けるかは
全体を染める前にチェックしてからカラー剤を選びました!!
 
 
 
まずこの根本部分の白髪が浮いて気になっている部分は
『白髪染め』
 
毛先はふんわり明るくしたいので
『オシャレ染め』
 
…を使って、
ご希望の明るさに染めていきます!!(*´∀`)
 

 
 

カラーリング後のAfter

 
〈Before〉

 

 
↓↓↓
 
〈After〉

 

 
 
ふんわり明るくなりましたー!!(*´∀`)
 
 
近くで見ても白髪もしっかり染まってます!!(*゚∀゚)
 

 
 
根本は白髪染め×毛先はオシャレ染め
 
根本と毛先のカラー剤が違っても
 
ぱっと見て明るさの差は出ないように
カラー剤を計算して染めてあります(^^)/

 

 
 
根本は白髪染め×毛先はオシャレ染めの他のお客様事例はこちらも→→→

美容室の白髪染めが、白髪は染まるけど暗くなりすぎないのなんでなの?

 
 
 
このくらいの明るさでしたら
そんなに色抜けしないと思うので
 
例えば1ヶ月〜2ヶ月くらい経つと根本の白髪が伸びてきて気になると思うので
 
毛先まで染めた次のカラーリングは
【根本のみのリタッチカラー】 
 
でもいいと思うのです(*´∀`)

白髪染めは伸びてきた根本だけでもいーんです!!

 
 
ヘアカラーでも
リタッチカラーを挟んだりすることで
ダメージを少なく保つことができます!!!
 
 
 
もちろんヘアマニキュアがダメとかヘアカラーがいいとかそういう事ではなくて
 
お客様が何を希望しているかで
 
《最適なカラー剤が違う》
 
…ということです!
 
 
 
ヘアマニキュアでも
白髪の多さや元の髪の明るさによってはデザインを変えられるし、
 
白髪に色をいれるだけでダメージが少ない方がよければ
 
ヘアマニキュアの方が適しているかもしれません。
 
 
 
カラーリングをされる周期が長めで
 
色持ちがいい方がよかったり、しっかり白髪を染めたい方
または明るくしたい方は
 
ヘアカラーの方が適しているかもしれません。
 
  
なので、
お客様のご要望やライフスタイルに合わせて
 
最適なものをご提案できるということが大事
かなーと思うのです!!
 
 
 
今回のお客様の場合は
 
『明るくしたい』
 
というのが1番のご要望でしたので
 
ヘアカラーの方法でカラーリングさせていただきました(^^)/
 
 
こちらもまた次回までの色持ちや色落ちなど
 
実際しばらく過ごしていただいて
また最適なカラー剤を考えていきたいと思います♪
 
 
 
わざわざ遠い中ありがとうございました♪
 
 
次回の髪の状態を見させていただいて
またなりたいキレイに近づくようにご提案させていただきますね(*´∀`)
 
 
  
 
 
今のカラーリングや髪型にご不満がある方、
なりたいイメージがうまく伝えられない方、

 
ぜひ一度ご相談ください!!!(*´∀`)
 
 
ご相談&ご予約専用LINEはこちらです♪
↓↓↓
友だち追加
 
 
 
ホームページもぜひご覧ください(^^)/