白髪染めで暗くならない為に、ホームカラーで絶対してはいけない事!

原宿・表参道でフリーランス美容師をさせていただいております亜彌あみと申します。
 



緊急事態宣言で美容室になかなか行けない……。
なるべくやりたくないけど、お家で自分で染めようかな…?


…というそこのあなた!!!


 
今回はご自宅での応急処置のホームカラーの白髪染めで、
暗く黒っぽくならない為に絶対にしてはいけない気をつけるべきポイントのお話をいたします(^^)

ホームカラーってしても大丈夫なの??

 
私も緊急事態宣言を受けて自宅にいる時間がほとんどなんですが、
本当によく白髪染めのホームカラーのCMが流れます。
 

  • 傷まない
  • 綺麗に染まる
  • しっかり染まる
 
…という謳い文句と共に
「もっと早く染めれば良かった!!」という台詞。


私が見ていても、美容室に行けないなら自分で染めようかなぁと思うくらいの印象を受けるCMです。


 
今回お話したいのは、
「ホームカラーは悪」…という事ではなく、
 
こういう特徴がありますよ。
というお話です。


手軽さや価格という面では美容室でするカラーリングよりも優れていますからね(^^)
 
ただ、求めるモノがある方は気をつけましょう!
…という事です!

ホームカラーは傷む?

 
市販のホームカラーの白髪染め。
 
よく美容師さんが
「ホームカラーは傷むのでやめた方がいいですよ」
…という話をすると思います(^^)


 
美容師さんが美容室でカラーリングしてほしいからそう言うのかな?
…と思ってる方も、もしかしたらいるかもしれないですが
ちょっとダメージのお話をしますね(^^)


 
まず、カラー剤というのは
市販のカラー剤でカラーリングされた事のある方はご存知かと思いますが
 
[1剤]と[2剤]という2種類のお薬を混ぜて作っています!
 

 
これは美容室でのカラーリングでも、市販の物でも同じです。


 
美容室のカラー剤にもいろんなメーカーさんの物があって、いろんな特性のある物があります。


そのたくさんのカラー剤の中で1剤のパワーも強い物から優しい物もあり、
 
2剤も髪の状態や希望の髪色によって美容師さんは強い物や優しい物を選んで変えてるんです(^^)


 
市販のカラー剤はどんな髪色、どんなが髪質の人でもしっかり染まるように
1剤、2剤共にパワーの強い物が使用されています。

 

 
特に白髪というのはとても染まりづらいので、
ただでさえパワーは強めに設定されています。


また、美容室だと根元と毛先の薬を塗り分けたりしているんですが、
泡タイプの物などは根元〜毛先までパワーの強い物で一気に染め上げる物なのでやはりダメージは出やすいです。

ホームカラーは白髪はしっかり染まる??

  
髪が柔らかい方だと割と染まりやすいのかなぁとは思いますが、
これに関しては間違いなく美容室のカラーの方が絶対的に白髪はしっかり染まります。


 
白髪染めをしっかり染めるにはカラー剤をたっぷりピッタリと密着させて塗る必要があり、
特にもみあげあたりは毛流れもありかなり染まりづらいです…!!
 

美容師でもかなり練習して先輩のオッケーをもらわないとお客様の白髪染めはさせていただけないですからね!

アミ



もちろんホームカラーの物でもかなり濃く暗く染まる物であればある程度しっかり染まるとは思いますが、
暗く黒っぽくなってしまうという事は覚悟していただきたいです。


 
また1度白髪染めで暗くなってしまった黒染めと同様、髪は明るくするのは簡単な事ではないので、
 
そのうち明るくなる、という事はなく
繰り返せば繰り返すほどどんどん黒っぽくなっていってしまうので注意が必要です!


白髪染めで暗くなってしまった髪を明るくしたい方は
こちらのブログもご覧ください!

白髪染めで暗く黒っぽくなった髪色を明るく染める事は可能です!!

 

傷まないという謳い文句に注意!!

 
よく見る傷まず染まる、という謳い文句。


こういう商品に多いのが

  • カラーリンス
  • カラートリートメント
  • ヘアマニキュア
 
…といった部類の物です。


 
これらは1剤と2剤のあるカラー剤というものとまた違う仕組みで色を付ける物なんですが、
 
確かに痛みません。
 


それはどうやって染まるかという所に由来するんですが、
 
一般のカラー剤というものは、
黒髪を茶色く(明るく)する作用+色を入れる
…という行程を一気にしています。
 


 
これらヘアマニキュアやカラーリンスというものは、
髪を明るくする作用は一切なく、
 
白髪や今染まっている茶色い部分に色を重ねるという染め方なんです。
(髪の外側を色でコーティングするみたいなイメージ)


 
なので、
 
カラーリンスの類いは
色が薄ければ白髪がうっすら茶色くなるくらいで全体的にもそんなに暗くならないし、
 
しっかり染めようと思えば茶色い部分も濃くなりどんどん暗くなっていきます。


今の茶色くなっている部分も今よりも暗くなるなので注意が必要です。

白髪染めは明るく染められる??

 
そもそも白髪染めっていうのは明るく染められるんでしょうか??


 
美容室での白髪染めは、
最初にお話したようにいろんな種類のカラー剤があって、
 
お客様のなりたい髪色によっていろんな明るさや色味の中から
場合によっては何種類か調合して作っているんです。


 
例えば白髪染めとオシャレ染めを混ぜて
白髪は染まるけどなるべく明るめのカラー剤を調合したりもします。


また薬の塗り分けが出来たりするので、
根元は白髪染め、毛先はオシャレ染めという方法も取れたりするんです。
 

美容室の白髪染めが、白髪は染まるけど暗くなりすぎないのなんでなの?



美容室のカラー剤であっても市販のホームカラーであっても白髪染めというのは茶色がとても濃く作られているので、
根元〜毛先まで同じ薬で染めてしまうとどうしても暗くなってしまうんです…!!!

ホームカラーで暗くならずに白髪を染める為に

 
でもご自宅では根元と毛先のカラー剤の塗り分けなんてもちろん出来ないし、
カラー剤の調合も出来ないですよね。


 
「じゃあ、自宅での白髪染めのホームカラーはどうやっても暗くなっちゃうの…?」
 

そうなんです、どうやっても暗くなっちゃうんです!!

アミ



 
白髪を染めるくらいの茶色の濃さのあるカラー剤というのは、
毛先まで染めてしまうとどうやっても暗くなります!
 
白髪がしっかり染まらずキラキラ浮くけど
明るく染まるもの、であればある程度暗くならずに染まるかもしれないです(^^)


 
でも、美容室になかなか行きづらい今、
染めないわけにもいかない方も多いかと思います(´・ω・`)


そういう時の応急処置をお教えいたしますね!!


 
それは、
 
白髪が見える部分の生え際の根元のみ染める
 
…という方法です!!
 

白髪が見える生え際の根元部分だけ染めるとは??

 
白髪が1番見えて気になるのって、
この頭頂部の分け目部分と
 



ご自分で1番見えるこのお顔周りの生え際部分ですよね。
 



 
頭は丸く、髪の毛もその丸さに沿って下に落ちるようになっています。
 
なので、とんでもない強風やお子さんに髪をめくられたりしない限り、
表立って見える部分が染まっていれば
1〜2センチくらい白髪が伸びていても正直そんなに見える事はないのかな、と!
(ハーフアップや結んだりは出来ないですが)

 
 
この方法は、1〜2ヶ月美容室へ行くのを延ばす為の応急処置みたいな感覚です。
 
もちろんいつも1ヶ月くらいで美容室にいらしていただいているお客様からすると
「そんな事言ったって気になる!!!」
…という感覚だとは思いますが、
 
あくまで美容室にいらっしゃる頻度を抑える為の応急処置です。


 
コロナが収まったら必要ない方もいらっしゃるとは思いますが、
やっておくと多少気になりづらくはなります(^^)

ご自宅で白髪を暗くならずに染める塗り方!

 
では実際染めていく時に気をつけるポイントや塗り方のお話をしていきます(^^)


 
まず用意するのは
泡タイプの白髪染めやカラーリンスではなく、
ハケで塗るタイプの取っておけるタイプの白髪染めを使っていきます。


頭皮の痒みが出る等の理由でいつもご自宅で使うカラーリンス等がある方は、
 
100円ショップでハケのみを買ったり、
濡らした状態ではなく乾いた髪に塗る事で毛先まで液だれする事を多少防げます。


髪が濡れた状態だと髪についている水分で薬がゆるく伸びやすくなってしまうので、
ご自宅で根元のみを染める場合は乾いた髪の方が狙った部分のみ染められると思います(^^)
 
(泡タイプの白髪染めが適さないのも、水分が多く根元だけ染めたつもりでも毛先の方まで浸透しやすいからです!)


 
まず頭頂部の分け目部分を塗っていきます!
 



きちんとハケのクシ部分でキレイにとかしてから
ハケを根元に置くように塗っていきます!!!
 

 



新しく伸びている地毛部分が長いなら別ですが、
こういう風にハケを毛先の方に伸ばしてしまうのはダメです!!!
 

 


分け目部分を塗ったら次は生え際部分です!!
 



ここもハケの反対のクシ部分でキレイにとかしてから塗っていただきたいんですが、
クシ部分にカラー剤が付いているとそれだけで毛先の方にお薬が付いてしまい暗く染まってしまうので注意が必要です!!
 

 
こんな感じでクシでとかして、ぴしっと毛が緩まないように気をつけてみて下さいね(^^)
 



 
こんな感じで本当に見える頭頂部と生え際部分の根元のみを染めていきます!
 

 



横の部分は鏡でご自分でも見える範囲なのである程度同じ方法で染めて頂いてもいいんですが、
 
染める際に髪を押さえたり
頭の丸みの角度も変わるので同じように塗っていても毛先の方に伸ばしてしまったり
塗り重ねていく内にどうしても毛先の方にカラー剤が付いてしまったりするので
 
暗くしたくない方はあまりオススメしません。


 
1回暗くなってしまうと直すのにかなり時間や回数がかかります!
 
欲張らず、目立つ所のみに留めておきましょう!

白髪はしっかり染めたいけど、明るくしたい!を叶える白髪染め

 

ご自分で白髪を染めるのは怖いという方は。

 
「やった事がないから自分で染めるのはちょっと怖い…」
…という方もいらっしゃいますよね!
 
実際お客様にもいらっしゃって、
絶対美容室で染める!!!…という方も多くいらっしゃいます。


 
「だけどこの時期白髪は伸びるし…」
というお悩みの方は、
 
洗ったら落ちる白髪隠しがオススメです(^^)
 

 
最近はいろんなタイプのモノが出ていて、
ちょっとした汗くらいでは滲まない物も多いんです!


こちらのカラーファンデーションは
クリームファンデーションみたいな感じの物でパフで塗れるので、
頭皮にベタベタついたりもしづらいですよ(^^)
 
f:id:ami_tanaka:20171103005030j:image
 
f:id:ami_tanaka:20171103005045j:image


こちらは白髪が染まる事はないので暗くもならないですし、
これも分け目と生え際だけ塗っておけば伸びてきた白髪も気になりづらいです!!


朝のお化粧のついでにパパッと塗る程度なので
少し手間ではありますがストレスになる程ではないかなーと思います(^^)


 
その他の染めずに伸びてきた白髪を誤魔化す方法はこちらのブログもご覧下さい!

頭頂部の目立ってきた白髪を、パパっとごまかす裏ワザ!!

 

ご自宅で白髪が暗くならない染め方・まとめ

 
こんな感じで白髪染めのお話や
白髪をご自宅で染める時の注意点をご説明させていただきました!


 
1番最初にお話したように
ホームカラーのよさは手軽さや価格です。


パワーは強く設定されているので、
 
年齢を重ねると髪も細くなってきてダメージを受けやすくなってきますし、
毛先まで市販のホームカラーで染めるというのはダメージ的にも反対なんですが、
 
なかなか美容室に行けない時の応急処置としては今回お伝えした方法でしたら以前から使っても構いませんよーとお客様にはお伝えしております!


 
「暗くならない為に」…という部分で
今回お話したように制約はいろいろありますが、
 
毎日の白髪へのストレスが少しでも少なくなっていただけたら私としてもとても嬉しいです(^^)
 

毎日鏡で髪の毛を見た時に悲しい気持ちになるのは嫌ですもんね!

アミ



 
白髪は一度生えてきてしまうと、
なかなか少なくなる、というのは難しいです。
 
むしろ段々増えてきてしまうものではありますよね。


 
だからこそ、上手く誤魔化して付き合っていくとか
 
なるべく❝白髪がある自分❞というのにストレスを感じないように
目立たないようにしてあげると毎日が変わります。
 

伸びても白髪が目立ちづらいカラーリングを美容師が解説!

アラフォー女性必見!伸びてきた白髪が目立たない髪型をご紹介!



このようにカラーリングの方法や髪型でも同じように伸びてくる白髪が目立ちづらくなる方法もございます(^^)


 
老けて見えてしまう大きな原因の1つの白髪。
 
長く付き合っていかなくてはいけないお悩みの1つだと思いますが、
いろんな方法で上手にキレイを維持したいですね!


 
「白髪を暗く染めたくない…」
「白髪をちょっとでも目立たないようにしたい…」
 
…という方は、是非タナカアミにご相談下さい!!!(^^)

原宿・表参道エリアで白髪染めを明るく染めたい方はタナカアミへの相談&予約はLINE@にて!

  • 昔の髪型が似合わなくなったと感じている30〜50代の女性
  • 若い時と同じ髪型を何年も続けている女性
  • 老けて見られない髪型にしたいけど方法がわからない女性
  • 最近旦那さまやお友達に髪型を褒められていない女性

 
髪型でこんな悩みをお持ちではないですか?


特に30〜50代の女性は「家事・育児・仕事」と、髪にかけるお時間がなかなか取れなくなりますよね。


私は「脱おばさん」をテーマに原宿でフリーランスの美容師を務めており、今まで3000人以上の30〜50代の女性の髪の悩みを解決してきました。
 
LINE@にて髪の悩みの相談(無料)&ご予約を受け付けております。
ぜひご気軽にご連絡ください!
 

\お気軽にご連絡ください/