タナカアミがフリーランス美容師という選択をした理由。

原宿・表参道でフリーランス美容師をさせていただいておりますタナカアミと申します。
 


最近聞くことが増えたフリーランス美容師というワード

 
最近「なんでフリーランスになったんですか?」と、
また聞いていただける機会が何回かありました(^^)


フリーランス美容師というものが最近増えてきて、
なんでフリーランス??と確かに思われる方も多いのかなと思います(*´∀`)


30代の女性美容師で、しかも千葉から都内に出てきてゼロからスタートでフリーランス美容師を始めるって
確かにあんまりないのかもしれません。


フリーランスになる前はこんな感じで働いてました(^^)

原宿・表参道のフリーランス美容師タナカアミの軌跡


フリーランスに転向した理由

 
私はなりたい自分に近づくために、自分の時間をたくさん取れるフリーランスというものになりました。


自分の時間というのは
例えばブログを書く時間だったり、自分のお客様だけに集中できる時間だったり。
 
サロンに所属していると、
自分の時間以外にも、サロンの為の時間やスタッフの為の時間がとても長かったんです。


それが悪いとかではなく、
サロンに勤めていないと出来ない事ももちろんあるし、
ただ私のやりたい事やなりたい姿には必要なかったというだけの事だと思っています(^^)


 
私は美容師として、自分が納得のいく結果を出してみたかったんです。
 
だから、お店にいろいろ求めて立ち止まっているくらいなら、
全部自分でやればいいじゃんって思ったんです。笑
 
なんか言い訳してるのカッコ悪いなー、と。笑


 
あとは、フリーランスになると決めた時に32歳だったので、
結婚とかを考えた時に「やるなら今しかない」と思ったというのも後押しになりました。

不安はあんまりない

 
これは最初から思っている事なんですが、
フリーランスっていう事にあんまり不安ってなくて、
 
もちろんカラダ壊したら、とか
お客様がいらっしゃらなかったら、とか
会社員よりリスクは高いとは思います。


もちろんそうならない為にいろいろとやっておく、ということが大前提にはなる働き方ですが、
 
「まあ死ぬわけじゃないしなんとかなるでしょ!笑」
って思ってます笑


 
不安よりも、なりたい自分に向かって全力になれる今の働き方を選んだ事が大切だし、
 
やろうと思ってやれない事なんてないと思うんです。


やり方が間違っていれば直して続ければいいだけの話だし、
 
私にとって「やってみたい」という気持ちを無視して、
やってみないという事の方が大きなマイナスだと感じたからやってみた、というだけなんです。

 
大変な事ももちろんあるけど、
自分で選んだことなのでなーーーーんにも後悔してないです。


やりたい事をやってみないってそんなにもったいない事はないと思うんです。
  
でも、やるからには考えて行動し続けるという事が必要になりますよね。
 


フリーランスになって、半年の時のブログです(^^)

6月ももう終わり!!あっという間にフリーランス美容師になって半年が過ぎていきました!



今の自分がいるのは、本当に多くの方が助けてくれたおかげです(*´∀`)
 
それはキッカケだったり、
アドバイスだったり、
優しさだったり。


私の大きな運の強さは、人に恵まれているという事。
 
フリーランスとはいえ、完全にひとりぼっちではこんな風に考えも出来なかったかもしれないです。


 
これからも来ていただけるお客様の為に全力で。
周りにいてくれる方々に少しでもお返しが出来るように。


止まることなく精進して参ります!!
 



 

 
LINE@にて髪の悩みの相談(無料)&ご予約を受け付けております。
ぜひご気軽にご連絡ください!

\お気軽にご連絡ください/