フリーランス美容師になって、人生が変わったタナカアミのお話。

原宿・表参道でフリーランス美容師をさせていただいておりますタナカアミと申します。
 



私はフリーランス美容師になって良かった、と100%と言い切れる。
 
私の場合は、です。


今回は働き方についてイロイロな考え方がある中で
私タナカアミの話をしていきます。

フリーランス美容師になるまでの私。

 
以前もブログでこれまでどんな働き方をしていたのか?というお話はさせていただいた事があります。

原宿・表参道のフリーランス美容師タナカアミの軌跡



私は出身地の近くにある東京の東側と千葉に5店舗ある地域密着型のサロンでずっと働いていました。


休みは火曜日の定休日と月2日くらいの有給休暇。
拘束時間は10時〜23時くらい。
 
月曜日以外は毎日勉強会や練習をするサロン。
 
結構一般的な教育サロンだと思います。


 
私はここで12年間何度かの異動をしながらずっと勤めていました。
 
いる人達がとてもいい人達ばかりでとても好きだったし、
教育がしっかりしていたからそこで育った私も
おかげでいろんな技術を学ぶ事が出来ました。
 
それについては本当に感謝しているし、
今でも前の会社の事は大好きです。



 
だけどホットペッパーも何もやっていなかった前のサロン。
 
ブログやインスタをやっている人もいない。
お客様からの紹介やたまたま店を見つけていただいて入ってきた方しかご新規のお客様がいない環境。


1店舗に10人くらいスタイリストがいるお店で当然入客のチャンスは少なく、
お客様をたくさん抱えているスタイリストが辞めないと売り上げが伸びていかないような環境でした。


それでも毎日夜遅くまで練習だけをただして。
営業時間中はやる事がなくてお店の掃除をただひたすら続けたり。
 
本当に少ないチャンスをいかに掴めるか、
そんなような毎日でした。


 
30代だった私にとって、
美容師を全力でやりきれる時間の「残り時間」みたいなモノを意識せざるおえず
 
そのなんとも出来ない時間がとても勿体ないように感じていました。

その時に知ったフリーランスという働き方

 
そんな時、現GO TODAY SHAiRE SALONの取締役のオオイケさんに出会いました。


当時はまだ代官山で1人でフリーランス美容師をしていたオオイケさん。
 
「フリーランス美容師」というワードを初めて聞いた私は、かなり世界が広がった感覚でした。


オオイケさんに会うまでは、

  • 他の基本給が高いサロンで働く
  • 集客力の高い都内のサロンで働く
  • 低単価の業務委託サロンで働く
  • 独立してお店を出す
 
現サロンを辞めるとしたら、このくらいしか選択肢がないと思っていました。


他のサロンさんで働いたとしても、
似たような悩みは絶対出ることはわかっていたし
 
低単価の業務委託サロンで働く事はしたくなかった。


かといって売り上げも貯金もない自分がお店を出すというのも全く現実的ではなく、
結局今のサロンでやり続けていくしかないのかな…と、
悩んでいる所だったんです。


 
フリーランス美容師は基本的にマンツーマン。
 

  • 全て自分が携われば、
    お客様満足度も上がるし、伝達ミス等による失客はない。
  • アシスタントがいないから、その分人件費がなく自分への所得が増える。
  • 自分の発信による集客で、自身が得意な層をターゲットにする事でリターン率もあがる。


フリーランス美容師にはこのようなメリットというか、特性があります。

 
 
だけど、
  • 基本給がない
  • 社会保険もない
  • 身体壊したら終わり
  • 副収入がないと、年齢などで美容師として働けなくなった時に収入がなくなる
  • 仕事を取れるかどうかも全て自分次第
 
 
パッと思いつくだけでこんなようなデメリットもあります。


 
私の感覚だけれど、
 
会社員は20〜50くらいの振り幅。
フリーランスは0〜200くらいの振り幅。
 
みたいなイメージです。


これは所得に関しても、可能性というトコロに関しても。
 


だけど、当時勤めていた会社員時代に
自分は特に守るべきモノも手放したくない結果もなかった私にとって
 
「やり方によってはわかりやすく結果が出るフリーランス」
という働き方の方が効率的に思えたんです。


何より美容師として全力を出せる期限を感じていた「時間がない私」にとって、
 
いつになれば結果が出せるかわからない環境にいる事よりも
誰のせいにもできない、言い訳がきかない世界の方が
自分に適していると思いました。

 

だから思い切ってフリーランスになってみた。

 
それからはいろんな側面から話を聞いてみて悩んでみて
3ヶ月だけ悩もう、と自分に期限を設けていろんな人に会ってみた。


 
何人かのフリーランス美容師さんの話も聞いた。
会社の先輩にも話を聞いた。
外部の都内で美容師をされてる方にも話を聞いた。


フリーランスを含め、外部の美容師さん達の方が
私には話をしていて魅力的に感じた。
 
「挑戦をしている」というような魅力を。


たまたま努力をされている美容師さんばかりに出会えた私の運もあったんだと思うけれど、
 
チャレンジしていく自分の方が好きになれそうだったから、
思い切ってフリーランスに転向する事を決めました。


やって後悔するのとやらないで後悔するのでは
後悔の大きさが違うとも思った。
 



それからは本当に早くて
 
やった事のなかったTwitterを始めて
どんどんいろんなサロンさんの美容師さんのお知り合いが増えて
 
書いた事のなかったブログを毎日書き続けて
いろんな方のお陰もあって
今や6万PVで毎月ブログ検索からお客様がたくさんご来店いただけるようになった。


 
結果が出るまで半年間くらいはつらい時期もあったけど、
 
それでも自分で選んだ道に自分で責任を取りたくて
毎日毎日歯を食いしばって続けてきた。


 
周りにいるすごい結果を出している友人達にはまだ到底敵わないけれど、
それでも1年半で人生が180°変わったと言えるくらいには環境も自分自身も変わる事が出来た。

「フリーランス」になったから、ではない。

 
私の場合は1人でサロンワークをしたかったという事と、
いろんな方に応援していただきながら地道に続ける事が出来たという意味で
 
「フリーランスという働き方が向いていた」
「人とタイミングに非常に恵まれた」

 
と、思っています。


私1人の力では到底フリーランス美容師としての今はなく、
運がよくなければここまでも来れていないです。
 


フリーランス美容師になると決めていろんな事を行動してきた事でいろんな方と出会えたし
その中でいろんなアドバイスもいただけた。
 
フリーランス美容師になったから、ではなくて
フリーランス美容師になる為に自分が行動出来た事がいろんな結果に繋がっています。
 
本当に世界が広がった。
大きな一歩を踏み出してみて本当によかったと思っています(^^)


 
どんな働き方でも何をするか、何を得られるかは自分次第。
 
自分の人生の舵取りなんて、自分にしか出来ない。


何をやりたいか?
どうなりたいか??
 
私の行動理念はソコでしかない。


 
フリーランスがいいとか悪いとかではなく
働き方なんてなりたい自分の為の手段でしかなくて。
 
だけどフリーランスになったから手に入るモノなんてないと思う。


その為に何をしていくか。何を続けていくか。
 
私は踏み出した事で人生が変わった。
そしてこれからももっともっと変えていく。


淡々と、でもしっかり積み重ねて。
頑張ります(^^)
 

 



 
LINE@にて髪の悩みの相談(無料)&ご予約を受け付けております。
ぜひご気軽にご連絡ください!

\お気軽にご連絡ください/